2005年12月12日

Toneportをマニュアルから検証する


LINE6 TonePort UX1 ついに販売開始☆


line6のサイトからTONEPORTのPDFマニュアルを見つけることができたので読んでみました。
英語版だったのでかなり適当ですが… やは 無題.JPG り、
ToneportはオーディオインターフェイスですのでDTMソフトなどでoutputとinputに設定はできるみたいです。
ここで重要なのは、 GearBoxソフトウェアには"Sends"という設定が存在して、
これを他のDTMソフトでinputsとして選択できるようです。つまり、
各アンプシミュレーターを通した音をリアルタイムにDTMソフトに送ることができるのです。 無.JPG 上記の画像の説明です。1.ハードウェアを決定する。接続しているToneportを選択する。 2.
ドライバー情報: Toneportのドライバーを表示している。
ほかのオーディオアプリケーションがToneportドライバーを利用していれば、ここのテキストはアプリケーション名が表示される(例.
Live4.14.exe client is active)オーディオアプリケーションがToneportを利用していないと、No
ASIO client is activeと表示する。 3.チェックするとサンプルとビットレートを手動で変更できる。
チェックしない方がいい。 4. Toneportのダイレクトモニタリングのバッファーサイズを調節する:
小さくするとレイテンシーが少なくなるが不安定な出音になる。(ここがASIOドライバーのバッファーサイズ設定とは異なる値になっている。
いわゆる、Tonedirectの設定値。2がデフォルトの推奨値) 5.ここはASIOのバッファーサイズとビットレートの設定。
バッファーサイズは512が推奨値。小さくすればレイテンシーは小さくなる。 6.ここはチェックははずした方がいい。


無題1.JPG 

無題2.JPG

GearBoxの"Sends"の設定ここが重要な部分だと思います。 Pan、Record、Monitorの設定が、
"Sends"の入力先への設定になります。すなわち、これらの"Sends"はバーチャルのアウトプットと考えて、
これがオーディオアプリケーションへ出力できるのです。


やっと国内で販売開始の予定が付きました☆


各ブログ等で報告されているようですね。3月中旬です。


LINE6 TonePort UX1


LINE6 TonePort UX1


 


LINE6 TonePort UX2


LINE6 TonePort UX2


↑クリックで詳細へ


今のところイケベ楽器から販売開始の予定のようですが、値段はUX1で一万円前半です…驚くぐらいの低価格ですね。
LINE6もずいぶん安い値段で商品が売られるようになりましたね。



posted by たまのり at 22:05| Comment(0) | TrackBack(1) | toneport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

やさしくわかるExcel VBAプログラミング (E
Excerpt: 私はVBAを学ぶのは始めてであったが、分かりやすく、スラスラと読むことができた。しかし、自分がプログラミングというものを全く知らなかったときに本書を読んだとして、今のように本書を理解できたかと言えば…..
Weblog: アプリケーションを極める
Tracked: 2007-10-05 01:37
powerd by 楽-yah
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。